古武道演武~広島400年の槍と剣~

春風館中國支部 古武道サークル 落久保 秀大郎さん

江戸時代の広島に繋がる武士の文化、「古武道」を槍をメインに演武や体験を交えてご紹介します。 広島藩で栄え現在も存続している鍵槍(かぎやり)。浅野公の親戚である尾張藩から伝わる管槍(くだやり)。そして剣術など。広島武士の姿へ思いを馳せられる文化を見て体験できます。ぜひご覧ください。

吟剣詩舞道へのいざない

広島剣友会 林大祐さん

吟剣詩舞道とは、古の和歌や漢詩に合わせ、刀や扇で舞う日本の伝統芸能です。広島では戦前より会が発足し、現在に至ります。舞から古の歌人や武士の死生観、美意識を感じていただければ幸いです。最近では若手の門人も増え、見学や体験も随時受け付けています。

学び舎ファションショー

和文化愛好家

今回のショーをするために和文化好きの有志の集まりです。
ショーのコンセプトは江戸から現代のつながりで江戸時代に考案された帯結びと当時の人々の服装のイメージを半幅帯を使って現代風にアレンジしたショーをします。半幅帯は近年、ファション向けに進化してきました。今回は江戸時代から結ばれ続けている帯結びを半幅帯向けにアレンジしました。着物も江戸をイメージして用意したので楽しんでもらえたらと思います。

舞姫&剣舞ショー「邪気祓い」

妖怪に操られ東照宮で暴れる人間から、剣や舞で妖怪を退治し 奉納の演舞を捧げる二人の物語

三宅太鼓演奏

広島三宅太鼓愛好会

東京都伊豆諸島の三宅島に伝わる三宅太鼓。毎年7月の牛頭天皇祭にて御神輿を盛り上げるために打たれる三宅島神着木遣太鼓を、広島で研鑽しています。独特の低い姿勢から打ち出される力強い打ち込みと、ノリの良いグルーヴが三宅太鼓の特徴。伝統太鼓の魅力を後世に伝え、私たちが日本人であることを大切する。そして和太鼓を通して心身ともに健康的な身体を創建することを目的としています。「わっしょい!」の掛け声とともに、広島江戸祭りを盛り上げます!